1. TOP
  2. 運動と健康
  3. 誰にも聞けない二重アゴ対策

誰にも聞けない二重アゴ対策

運動と健康
この記事は約 11 分で読めます。

二重アゴについて。

太っている人が二重アゴ、なのはわかります。

痩せている人でも二重アゴ、これはなぜですか?

二重アゴってなおせる?

太っている人の二重アゴ、対処法は?

痩せている人の二重アゴ、対処法は?

金井 進さんによる二重あご

二重アゴについての疑問にお答えします。

Contents

痩せている人でも二重アゴができる理由

  1. 遺伝的要素:顎の骨格や脂肪の分布は遺伝的な要素が強く、痩せていても顎下に脂肪がつきやすい体質の人がいます。
  2. 皮膚のたるみ:年齢を重ねると皮膚や筋肉がたるみ、痩せていても二重アゴになることがあります。
  3. 姿勢の悪さ:前かがみや猫背の姿勢を続けると、顎下の筋肉が弱まり二重アゴができやすくなります。
  4. 顔の筋肉の衰え:顔や首の筋肉が衰えることで、顎下に脂肪がたまりやすくなります。

二重アゴを治す方法

二重アゴを改善する方法には以下のようなものがあります。

太っている人の対処法

  1. ダイエット
    • 食事管理:カロリー摂取を減らし、バランスの良い食事を心がける。
    • 運動:有酸素運動(ジョギング、サイクリング、スイミングなど)を取り入れることで全体的な脂肪を減らす。
  2. 顎下のエクササイズ
    • 顎引き運動:頭をまっすぐに保ち、顎を引き上げる運動を繰り返す。
    • 舌を突き出す運動:舌を突き出して上下に動かす。
  3. マッサージ
    • リンパマッサージ:顎下や首のリンパを流すことでむくみを取り除く。

痩せている人の対処法

  1. 姿勢改善
    • 猫背を直す:背筋を伸ばすように心がけ、パソコン作業やスマホを使うときの姿勢に注意する。
  2. 顔や首の筋トレ
    • 口を大きく開け閉めする運動:顔や首の筋肉を強化する。
    • 顔のヨガ:特定の顔の表情を維持することで顔の筋肉を鍛える。
  3. 美容施術
    • ラジオ波治療や超音波治療:皮膚の引き締め効果がある。
    • 脂肪溶解注射:顎下の脂肪を溶かすための注射。

具体的な例

例1:ダイエットとエクササイズ

ある人(Aさん)が体重過多で二重アゴが気になる場合、Aさんはまず食事を見直し、低カロリーで高たんぱくな食事を取り入れます。さらに週3回、30分以上の有酸素運動を行います。同時に顎下のエクササイズ(顎引き運動や舌を突き出す運動)を毎日5分間行います。

例2:姿勢改善と筋トレ

ある人(Bさん)が痩せているが二重アゴがある場合、Bさんはまず姿勢を改善するために1時間に1回、背筋を伸ばすストレッチを行います。さらに顔や首の筋トレを取り入れ、毎日顔のヨガを10分間行います。また、美容クリニックでラジオ波治療を受けることを検討します。

これらの方法を試すことで、二重アゴを改善し、顔の輪郭を整えることができます。重要なのは、継続的に行うことで効果が出やすくなる点です。

自宅でできる二重アゴ対策

二重アゴに効果的なエクササイズ、ストレッチ、筋トレについて具体的に説明します。これらの方法を日常的に取り入れることで、二重アゴを改善しやすくなります。

エクササイズ

1. 顎引き運動(チンタック)

手順:

  1. 背筋を伸ばして立つか座る。
  2. 顎をゆっくり引き、首の後ろを伸ばす。
  3. この姿勢を5秒間キープ。
  4. ゆっくり元に戻す。
  5. これを10回繰り返す。

例: 毎日、朝と夜にそれぞれ10回ずつ行います。テレビを見ながらや、デスクワークの合間に取り入れることができます。

2. 舌突き出し運動

手順:

  1. 背筋を伸ばして立つか座る。
  2. 舌をできるだけ前に突き出す。
  3. 舌を上方向に向けて、鼻先に届くように意識して持ち上げる。
  4. 10秒間キープ。
  5. ゆっくり戻す。
  6. これを10回繰り返す。

例: 毎晩、寝る前に10回行います。ベッドの上でリラックスしながら行うことができます。

ストレッチ

1. 首のストレッチ

手順:

  1. 背筋を伸ばして立つか座る。
  2. 頭を右側にゆっくり傾け、右手で軽く押さえる。
  3. 左側の首筋を伸ばす。
  4. 20秒間キープ。
  5. ゆっくり元に戻す。
  6. 反対側も同様に行う。

例: デスクワークの合間に、1時間に1回行います。両側を1セットとして3回繰り返します。

2. 下顎のストレッチ

手順:

  1. 背筋を伸ばして立つか座る。
  2. 顎を上に向け、天井を見上げる。
  3. 下顎を突き出し、唇を突き出すようにする。
  4. 首の前面を伸ばす。
  5. 10秒間キープ。
  6. ゆっくり元に戻す。
  7. これを5回繰り返す。

例: 朝の顔洗いの後や夜のスキンケアの後に行います。

筋トレ

1. 顎の上げ下げ運動

手順:

  1. 背筋を伸ばして立つか座る。
  2. 顎を上げ、天井を見上げる。
  3. 唇をすぼめるようにして、キスする動作をする。
  4. 10秒間キープ。
  5. ゆっくり元に戻す。
  6. これを10回繰り返す。

例: 歯を磨いている間に行います。1日2回、朝と夜にそれぞれ10回ずつ行います。

2. 口の大きく開け閉めする運動

手順:

  1. 背筋を伸ばして立つか座る。
  2. 口を大きく開け、「あー」と言いながら5秒間キープ。
  3. 口をゆっくり閉じ、顎を引き上げるようにする。
  4. これを10回繰り返す。

例: 毎朝のシャワー後に行います。1日1回10回行います。

日常的な取り入れ方の例

例1:オフィスワーカーのAさんの場合

Aさんはデスクワークが多いため、1時間に1回、首のストレッチを行い、仕事の合間に顎引き運動を取り入れます。昼休みに舌突き出し運動を行い、帰宅後に顔のヨガとして顎の上げ下げ運動を行います。

例2:主婦のBさんの場合

Bさんは家事の合間に、朝の掃除後に下顎のストレッチを行い、夕食準備中に口の大きく開け閉めする運動を行います。夜、家族が寝た後にリラックスしながら舌突き出し運動を行います。

これらのエクササイズ、ストレッチ、筋トレを日常生活に取り入れることで、継続的に二重アゴを改善することが期待できます。

二重アゴを引き起こす頸部の姿勢改善方法

頸部の前傾や顎の突出を矯正するためには、首や背中の筋肉を強化し、姿勢を改善するためのエクササイズやストレッチが効果的です。

以下に、具体的な方法を紹介します。

ストレッチ

1. 胸筋のストレッチ

手順:

  1. ドアフレームの前に立ち、両腕を肩の高さに上げて、肘を直角に曲げてドアフレームに手をつく。
  2. 一歩前に踏み出し、胸をドアフレームに向けて押し出す。
  3. 胸の筋肉が伸びるのを感じながら、20秒間キープ。
  4. ゆっくり元に戻る。
  5. これを3回繰り返す。

例: オフィスワーカーのAさんは、毎日昼休みにこのストレッチを行います。これにより、胸の筋肉を伸ばし、姿勢を改善します。

2. 頸部の側屈ストレッチ

手順:

  1. 背筋を伸ばして立つか座る。
  2. 右手を左側の頭に置き、首をゆっくり右側に倒す。
  3. 左側の首筋が伸びるのを感じながら、20秒間キープ。
  4. ゆっくり元に戻る。
  5. 反対側も同様に行う。
  6. これを3回繰り返す。

例: 主婦のBさんは、家事の合間に1時間に1回このストレッチを行います。首の筋肉を伸ばし、頸部の前傾を防ぎます。

エクササイズ

1. 肩甲骨の引き寄せ運動(スキャプラリトラクション)

手順:

  1. 背筋を伸ばして立つか座る。
  2. 両肩をゆっくり後ろに引き、肩甲骨を寄せるようにする。
  3. 5秒間キープ。
  4. ゆっくり元に戻す。
  5. これを10回繰り返す。

例: デスクワーカーのAさんは、1時間に1回このエクササイズを行います。肩甲骨の筋肉を強化し、姿勢を改善します。

2. 首の前後運動(ネックリトラクション)

手順:

  1. 背筋を伸ばして立つか座る。
  2. 顎を引き、頭を真っ直ぐ後ろに引く。
  3. 5秒間キープ。
  4. ゆっくり元に戻す。
  5. これを10回繰り返す。

例: Bさんは、毎朝の掃除後にこのエクササイズを行います。首の筋肉を強化し、頸部の前傾を防ぎます。

筋トレ

1. 背筋強化運動(バックエクステンション)

手順:

  1. 床にうつ伏せになり、両手を頭の後ろに置く。
  2. 背中を反らし、上体を持ち上げる。
  3. 5秒間キープ。
  4. ゆっくり元に戻る。
  5. これを10回繰り返す。

例: Aさんは、週に3回、夕方のトレーニングとしてこの筋トレを行います。背筋を強化し、姿勢を改善します。

2. プランク

手順:

  1. 床にうつ伏せになり、肘を肩の下に置く。
  2. つま先と前腕で体を支え、体を一直線に保つ。
  3. この姿勢を30秒間キープ。
  4. ゆっくり元に戻る。
  5. これを3回繰り返す。

例: Bさんは、毎晩寝る前にこのプランクを行います。体幹を強化し、姿勢を安定させます。

日常的な取り入れ方の例

例1:オフィスワーカーのAさんの場合

Aさんはデスクワークが多いため、1時間に1回、胸筋のストレッチと肩甲骨の引き寄せ運動を行います。昼休みには、ネックリトラクションを取り入れ、週に3回のバックエクステンションを夕方に行います。

例2:主婦のBさんの場合

Bさんは家事の合間に、頸部の側屈ストレッチを1時間に1回行います。朝の掃除後には首の前後運動を行い、毎晩寝る前にプランクを行います。

これらのストレッチ、エクササイズ、筋トレを日常生活に取り入れることで、頸部の前傾や顎の突出を矯正し、姿勢を改善することが期待できます。

二重アゴを引き起こす胸椎の姿勢改善方法

胸椎の前弯過多、つまり猫背の改善には、背中や胸の筋肉を伸ばし、強化するストレッチやエクササイズが効果的です。以下に具体的な方法を例を用いて紹介します。

ストレッチ

1. 胸のストレッチ(ペクトラルストレッチ)

手順:

  1. ドアフレームの前に立ち、片手をドアフレームに置きます。肘を直角に曲げ、肩と同じ高さにします。
  2. 体をゆっくり反対側に回転させ、胸の筋肉が伸びるのを感じます。
  3. 20秒間キープ。
  4. 反対側も同様に行う。
  5. これを3回繰り返す。

例: オフィスワーカーのAさんは、毎日昼休みにこのストレッチを行います。これにより、胸の筋肉を伸ばし、姿勢を改善します。

2. 背中のストレッチ(キャットカウストレッチ)

手順:

  1. 四つん這いになり、肩の真下に手、腰の真下に膝を置きます。
  2. 息を吸いながら、背中を反らし、頭を持ち上げて天井を見る(カウポーズ)。
  3. 息を吐きながら、背中を丸めて頭を下げる(キャットポーズ)。
  4. これを10回繰り返す。

例: 主婦のBさんは、朝の家事の前にこのストレッチを行います。背中の柔軟性を高め、猫背を改善します。

エクササイズ

1. 肩甲骨の引き寄せ運動(スキャプラリトラクション)

手順:

  1. 背筋を伸ばして立つか座る。
  2. 両肩をゆっくり後ろに引き、肩甲骨を寄せるようにする。
  3. 5秒間キープ。
  4. ゆっくり元に戻す。
  5. これを10回繰り返す。

例: デスクワーカーのAさんは、1時間に1回このエクササイズを行います。肩甲骨の筋肉を強化し、姿勢を改善します。

2. バンドプルアパート(Resistance Band Pull Apart)

手順:

  1. 両手に抵抗バンドを持ち、腕を肩の高さで前に伸ばす。
  2. 肩甲骨を寄せながら、バンドを左右に引っ張る。
  3. 5秒間キープ。
  4. ゆっくり元に戻す。
  5. これを10回繰り返す。

例: Bさんは、毎晩寝る前にこのエクササイズを行います。肩甲骨周りの筋肉を強化し、猫背を改善します。

筋トレ

1. 背筋強化運動(バックエクステンション)

手順:

  1. 床にうつ伏せになり、両手を頭の後ろに置く。
  2. 背中を反らし、上体を持ち上げる。
  3. 5秒間キープ。
  4. ゆっくり元に戻る。
  5. これを10回繰り返す。

例: Aさんは、週に3回、夕方のトレーニングとしてこの筋トレを行います。背筋を強化し、姿勢を改善します。

2. プランク

手順:

  1. 床にうつ伏せになり、肘を肩の下に置く。
  2. つま先と前腕で体を支え、体を一直線に保つ。
  3. この姿勢を30秒間キープ。
  4. ゆっくり元に戻る。
  5. これを3回繰り返す。

例: Bさんは、毎晩寝る前にこのプランクを行います。体幹を強化し、姿勢を安定させます。

日常的な取り入れ方の例

例1:オフィスワーカーのAさんの場合

Aさんはデスクワークが多いため、1時間に1回、胸のストレッチと肩甲骨の引き寄せ運動を行います。昼休みにはキャットカウストレッチを取り入れ、週に3回のバックエクステンションを夕方に行います。

例2:主婦のBさんの場合

Bさんは家事の合間に、背中のストレッチを1時間に1回行います。朝の家事の前にはバンドプルアパートを行い、毎晩寝る前にプランクを行います。

これらのストレッチ、エクササイズ、筋トレを日常生活に取り入れることで、胸椎の前腕過多、つまり猫背を改善し、姿勢を正しく保つことが期待できます。

東洋医学、鍼灸治療からひと言

二重アゴについて。いかがだった

でしょうか?

基本的に脂肪が溜まりやすい部位は、動きが少ない部位です。

今回のアゴ下や、二の腕、脇腹、内ももなど姿勢や動き方のクセが体型につながります。

いつもでもきれいで美しい姿勢を意識することが大切だと思っています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

宇都宮の鍼(はり).comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

宇都宮の鍼(はり).comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

金井 進

金井 進

あなたの最後の1軒になります。
ホリス治療院は、最高の技術で、あなた本来の元気が蘇る日本一の治療院を目指します。

常に最高の結果を目指して、患者さん一人ひとりに向き合い、あなたに一番信頼され、愛される日本一の治療院でありたいと考えます。

ホリス治療院
お電話でのご連絡はこちら
⇒ 028-623-6688

■受付時間:(休診日:月曜日)

午前9:00〜11:30
午後3:00〜7:00

※土曜日は午後5:00まで。
※日曜日・祝日は午前のみ  
※土曜、日曜、祝日も診察しています。

詳細は、ホリス治療院公認ホームページで
https://www.holis-net.com/

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運転中に性格が変わる人。なんで?

  • 緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛の発症原因から対処症、予防法まで完全網羅

  • 冷房?除湿?どっちがいいの?

  • 脊髄梗塞について、症状、原因、機序、治療法など徹底的に掘り下げてみた

関連記事

  • 【歪みのない身体創り】がカギ!今と昔、人間が違う?!

  • 依存症と運動と呼吸の脳内物質の分泌と感情の手放しワーク

  • 【鍼灸院お墨付き】俄然、差がつく運動!『もも上げ歩き』の動画紹介

  • しゃがむと転ぶ?股関節を中心に動く!

  • スクワット30日チャレンジで効果を実感。体幹強化に最適、厳選3種!

  • 〇〇してると目が悪くなる?改善法は?