1. TOP
  2. メンタル
  3. つらい痛みからくる不安や恐怖から解放されるペインスケールとは

つらい痛みからくる不安や恐怖から解放されるペインスケールとは

 2017/05/25 メンタル 医療情報 各種疾患 生活習慣
この記事は約 6 分で読めます。

もしも、あなたに、つらい慢性的な痛みからくる不安や恐怖があるなら・・・

それとも、もしかしたら、今現在は、

  • 痛みや不都合を感じていないわ!
  • 体調は、まぁまぁかな・・・
  • こんなもんでしょ?!

というそんなあなた。

もしも、あなたの気付いていない、ベストな体調を引き出す質問が知りたいなら・・・

ホリス治療院で尋ねる質問を教えちゃいます。

恐怖や不安のもとは?

今まで、風邪一つひかなかった、元気印の人が、
  • 突然にギックリ腰や寝違えなどの急激な痛みに襲われた!
  • しかも、その痛みが、数週間から数カ月続いている・・・

なんて場合、初めての体験に、何がなんだかわからずに、焦って、不安になってしまうことがあります。

または、

  • 発症してから、数年経っている・・・

と言う場合は、長年の痛みに、将来への不安と恐怖で、うつ状態に陥っている人がいらっしゃいます。

そんな我慢できない痛みを抱えている人たちに、ある質問をし、答えてもらうと劇的に変わることがあるんです。

それは、ペインスケール(痛み点数)です。

ペインスケールとは

ペインスケール(痛み点数)は、その名の通り、
  • 我慢できない最高の痛みを 10点
  • 痛みを感じない時を 0点

として、痛みの程度に点数をつけることが、「ペインスケール」(痛み点数)です。

ペインスケールの4種類

一般的にペインスケールには、4つの種類があります。
  • NRS(Numeric Rating Scale)
  • VAS(Visual analogue Scale)
  • フェイススケール
  • VRS(Verbal Ratig Scale)

です。

1.NRS(Numeric Rating Scale)

ホリス治療院で採用しているもので、あなたの痛みを点数で表してもらいます。

まったく痛みなしが「0点」、そして、一番痛い時を「10点」として、現在の痛みを点数で表現してもらうんです。

2.VAS(Visual analogue Scale)

NRSが、点数で答えてもらうのですが、これは、直線の起点である左端が「0点」、終点である右端が「10点」で、現在の痛みを直線状で印をつけてもらう方法です。

3.フェイススケール

これは、痛みの程度を表した顔絵から、現在の痛みの程度を選んでもらいます。

小さいお子さんなどに適した方法です。

4.VRS(Verbal Ratig Scale)

数字を文字、0点(痛みなし)、1点(少し痛い)、2点(痛い)、3点(かなり痛い)、4点(我慢できないぐらい痛い)の5段階から、選んでもらう方法です。

慢性的な病気や痛み、つらい症状がある方へ

ホリス治療院が採用しているペインスケール(痛み点数)とは、
  • 耐えられないような激痛を10点
  •  痛みがまったくない状態を0点
として、今の痛みは何点か?

と点数をつけることなんです。

「はじめは、10点だったけど、3日後から6点くらいになった。」

とか、

「朝は、5点だけど、夕方になると8点になる。」

など、痛みの程度を点数にすることで、痛みを客観的に確認できるんです。

痛みを客観視することで落ち着き、不安や恐怖から解放されて、冷静に対応できるようになるんです。

あなたの痛みを点数化し、今の対応、治療や健康法が効果的かどうかも、点数化することで判断できますので、もう一度、ペインスケール(痛み点数)を再確認してみましょう。

ベストな体調を引き出す【身体の総合点数】

 ホリス治療院では、このペインスケール(痛み点数)を応用して、『身体の総合点数』 って呼んでいるんですが、
  • なんだか鼻歌が出ちゃうほど元気モリモリの時を 10点
  • もうヘロヘロ、やっと起きている状態を 0点

として、今の身体の状態に点数をつけるんです。

ホリス治療院には、痛みなどの不快な症状が無くなっても、
  • より生活を楽しむために・・・
  • よりコンディションをよくするために・・・
  • 病気予防のために・・・
  • アンチエイジングのために・・・
等など、生活を充実させるため、自己実現のためのメンテナンスとして、定期的に来院されている患者さんが多くいらっしゃいます。

そんな患者さんに、鍼灸治療前に、

(私)「今日は、どんな感じでしょうか?」

(患者さん)「特に問題ありません。」

って会話で終わっちゃうんですが、この質問の後に、

(私)「身体の総合点数は何点ですか?」

(患者さん)「今日は7点です。」

(私)「では、どうなったら、その7点が、8点、9点と上がっていくと思いますか?」

(患者さん)

「それは、胃の不快感が・・・」
「肩がちょっと・・・」

「なんとなく重い感じが・・・」

と、様々な答えが返ってきます。

今の状態で、

  • 不都合を感じていなかったり・・・
  • 仕方ないとあきらめていたり・・・

この「身体の総合点数」は、あなたが、「こんなもんだ!」と思っている身体の状態よりも、もっともっと元気な状態をイメージできるみたいなんです。

このあなたが、思っている当たり前の身体のちょっとした不快感、違和感みたいなものを意識してもらい、改善するように、ホリス治療院では導いていきます。

この意識の違いが大きな違いを生むんです。

是非、あなたも大きな違いを生む『身体の総合点数』を、ご自身に問いかけてみて下さいね~♪

追伸 体験談:読者さんからのメール紹介

こんなメールを頂きました。

~(略)~ 体もですが「体の痛み」と「心の痛み」は、同じように連動しているかと思ってましたが、うでもないのだな~と感じることもあります。
多分、良いことも悪いこともごっちゃになっている時って、採点点数も変わってくるように思います。
ひとつひとつ、しっかり状態を把握して、全部が痛いのではなく、ここは痛くないな~と、自己分析してあげようと思います。 ここは何点、ここは何点と分けて考えること、整理するのにいいですね。 ~(略)~。

メールありがとうございました。

今日のお話をしなくても「ペインスケール(痛み点数)」の応用をして下さっていて、さすがだなぁ~とうれしく読ませて頂きました。

ペインスケール(痛み点数)」で大切なこと

『ペインスケール(痛み点数)』、『身体の総合点数』 ともに同じなのですが、現状把握として点数を付けた後が、実は、重要なんです。

現状よりも点数を上げるため、状態をよくするために、

  • 何をするのか?
  • 何ができるのか?
に注目していくと、どんどん良くなると思うんです。

昨日よりも今日、今日よりも明日が、よりよくなるために・・・です。

その積み重ねが、ベストな体調を引き出すんですよね。

まとめ

今回の「つらい痛みからくる不安や恐怖から解放されるペインスケールとは」は、いかがだったでしょうか?
もしも、あなたがつらい症状に耐えている日々を過ごしているとしたら、1日でも早く回復することをお祈りしております。
そして、一人で悩まずに、ご相談頂けると嬉しいです。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

宇都宮の鍼(はり).comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

宇都宮の鍼(はり).comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

金井 進

金井 進

あなたの最後の1軒になります。
ホリス治療院は、最高の技術で、あなた本来の元気が蘇る日本一の治療院を目指します。

常に最高の結果を目指して、患者さん一人ひとりに向き合い、あなたに一番信頼され、愛される日本一の治療院でありたいと考えます。

ホリス治療院
お電話でのご連絡はこちら
⇒ 028-623-6688

■受付時間:(休診日:月曜日)

午前9:00〜11:30
午後3:00〜7:00

※土曜日は午後5:00まで。
※日曜日・祝日は午前のみ  
※土曜、日曜、祝日も診察しています。

詳細は、ホリス治療院公認ホームページで
https://www.holis-net.com/

この人が書いた記事  記事一覧

  • もしもの時の【心肺蘇生法】知っていますか?

  • 【強い心!】欲しいですか?自己肯定感の源とは?

  • 【究極のボディーメイクとは?】鍼灸師が教えるエアー・ダンベル運動

  • 【間違えだらけの夏バテ解消法!】臨床32年の鍼灸師が答える対策法

関連記事

  • 【理にかなった身体の動かし方】知りたいですか?

  • 【鍼灸院お墨付き】俄然、差がつく運動!『もも上げ歩き』の動画紹介

  • 【経皮毒】経皮吸収をする有害物質の使用を止めたら、劇的に改善しました

  • 身体のことで困ったら、最初にやっておきたい経絡を整える鍼灸治療

  • セカンドオピニオンは本当に重要!○○を変えるだけで、劇的に変わっちゃう?

  • 【悲報】科学、西洋医学が発達した今も病気が無くならない2つの理由