1. TOP
  2. ライフスタイルと健康
  3. コラーゲンでお肌プルプル!ほんとですか?コラーゲン以外にもお肌によいもの教えます

コラーゲンでお肌プルプル!ほんとですか?コラーゲン以外にもお肌によいもの教えます

ライフスタイルと健康 特集と東洋医学 食と健康
この記事は約 15 分で読めます。

夜にコラーゲンを含む食べ物を食べると、翌朝お肌プルプルになる。

とモデルさんが言ってました。

ホントですか?

なんでコラーゲンなんですか?

たった一晩でそんなに変わりますか?

金井 進さんによるコラーゲン お肌によいもの

コラーゲンは、お肌の弾力や潤いを保つために重要なタンパク質です。

モデルさんが「夜にコラーゲンを含む食べ物を食べると、翌朝お肌プルプルになる」と言っているのは、コラーゲンの効果に対する期待を示していますが、実際にはいくつかの科学的な点を考慮する必要があります。

Contents

コラーゲンの働き

コラーゲンは肌の真皮に存在し、肌の弾力性やハリを保つ役割を果たします。

加齢や紫外線などの影響でコラーゲンの生成が減少すると、シワやたるみが生じます。

そのため、コラーゲンを補うことで肌の健康を保ちやすくなると言われています。

食べ物から摂取したコラーゲンの効果

コラーゲンを含む食べ物を摂取すると、そのコラーゲンは消化酵素によってアミノ酸やペプチドに分解されて体内に吸収されます。

これらが再び体内でコラーゲンとして合成され、肌に供給されるプロセスは一晩で完了するわけではありません。

以下の理由で即効性が期待できないことがあります:

  1. 消化・吸収のプロセス: 食べ物から摂取されたコラーゲンが体内に吸収され、コラーゲンとして再構築されるまでには時間がかかります。
  2. コラーゲンの再合成: 吸収されたアミノ酸やペプチドが肌のコラーゲンに再合成されるには一定の時間が必要です。即効性のある変化を期待するのは難しいです。
  3. 個人差: 吸収率や体内での再合成速度には個人差があります。

実際は?科学的な根拠

いくつかの研究では、コラーゲンペプチドの摂取が肌の水分量や弾力性を改善する効果があると示されていますが、これらの効果が現れるまでには数週間から数ヶ月の継続的な摂取が必要です。

例えば、ある研究では、コラーゲンペプチドを毎日8週間摂取することで肌の水分量が改善されたと報告されています。

実際の例

例えば、以下のようなコラーゲンを含む食べ物があります:

  • 鶏の皮: 鶏肉の皮にはコラーゲンが豊富に含まれています。
  • 魚の皮: 特にサケやサバの皮にもコラーゲンが多く含まれています。
  • ゼラチン: ゼラチンはコラーゲンが含まれているため、ゼリーやマシュマロなどに使われています。

これらの食べ物を食べることで、長期的には肌の健康に寄与する可能性がありますが、一晩で劇的な効果を期待するのは現実的ではありません。

継続的な摂取と、バランスの取れた食事、適切なスキンケアが重要です。

まとめ

「夜にコラーゲンを含む食べ物を食べると、翌朝お肌プルプルになる」というのは科学的には即効性が裏付けられているわけではありません。

しかし、コラーゲンを含む食べ物の継続的な摂取が肌の健康を改善する可能性はあります。

即効性を求めるよりも、長期的な視点でスキンケアや食生活を見直すことが重要です。

お肌に良い栄養素や食べ物は?

お肌に良い食べ物や栄養素、食べ方について具体的に説明します。

肌の健康を保つためには、バランスの取れた食事が重要です。

以下に、特に肌に良いとされる栄養素とその栄養素を多く含む食べ物、食べ方の例を紹介します。

栄養素とその働き

  1. ビタミンC: コラーゲンの生成を助け、肌のハリや弾力を保ちます。また、抗酸化作用があり、紫外線ダメージから肌を守ります。
    • 食べ物: 柑橘類(オレンジ、グレープフルーツ)、キウイ、パプリカ、ブロッコリー、イチゴ
    • 食べ方: サラダにパプリカやブロッコリーを入れ、デザートにイチゴやキウイを食べる。
  2. ビタミンE: 抗酸化作用があり、肌の老化を防ぎます。血行を良くし、肌のくすみを改善します。
    • 食べ物: アーモンド、ヘーゼルナッツ、アボカド、サーモン、ひまわりの種
    • 食べ方: 朝食にアーモンドをトッピングしたヨーグルト、サラダにアボカドを加える。
  3. オメガ3脂肪酸: 肌の潤いを保ち、炎症を抑えます。乾燥肌やアトピー性皮膚炎の改善に役立ちます。
    • 食べ物: サーモン、マグロ、サバ、亜麻仁油、チアシード
    • 食べ方: サーモンのグリルやサラダに亜麻仁油をかける。
  4. 亜鉛: 肌の修復や再生を助け、ニキビの予防や治療に効果があります。
    • 食べ物: カキ、牛肉、かぼちゃの種、レンズ豆、ダークチョコレート
    • 食べ方: カキのグリル、レンズ豆のスープを食べる。
  5. コラーゲン: 肌の弾力やハリを保ちます。
    • 食べ物: 鶏肉の皮、魚の皮(特にサケやサバ)、ゼラチン
    • 食べ方: 鶏肉の皮を使った料理や魚の皮を含む刺身、ゼラチンを使ったデザート。

食べ方のポイント

  • バランスよく摂取する: 特定の栄養素だけでなく、バランスよく多様な食材を摂ることが大切です。
  • 新鮮な食材を使う: 新鮮な食材を使うことで、栄養素を最大限に活かせます。
  • 調理法に注意: 栄養素は調理法によって失われることがあります。例えば、ビタミンCは熱に弱いため、調理時間を短くするか、生で食べるのが良いです。

具体例

例1: 朝食のアサイーボウル

  • 材料: アサイーピューレ、バナナ、ブルーベリー、ストロベリー、グラノーラ、アーモンド
  • 作り方:
    1. アサイーピューレとバナナをブレンダーで混ぜる。
    2. ボウルに移し、ブルーベリー、ストロベリー、グラノーラ、アーモンドをトッピングする。
    3. 亜麻仁油を少量かける。

例2: 夕食のサーモンのグリル

  • 材料: サーモンフィレ、オリーブオイル、レモン、塩、コショウ、アスパラガス
  • 作り方:
    1. サーモンフィレにオリーブオイルを塗り、塩とコショウで味付けする。
    2. グリルパンでサーモンを焼き、レモンを絞る。
    3. アスパラガスもグリルして添える。

これらの食事例を参考に、肌に良い栄養素をバランスよく取り入れることで、健康的な肌を保つことができます。

お肌に良い生活習慣は?

肌の健康を保つためには、食事だけでなく、生活習慣も大きな影響を与えます。

以下に、お肌に良い具体的な生活習慣とその理由、実践例を詳しく紹介します。

1. 十分な睡眠をとる

理由

  • 肌の修復と再生が行われる時間は、主に夜間の睡眠中です。十分な睡眠をとることで、肌のターンオーバー(細胞の新陳代謝)が正常に行われ、健康な肌が維持されます。

実践例

  • 毎晩同じ時間に寝る: 例えば、毎晩10時に寝て6時に起きるようにする。
  • 寝る前のリラックスタイム: 寝る1時間前にはスマホやパソコンを控え、リラックスするために読書や軽いストレッチを行う。
  • 快適な寝室環境を整える: 適切な温度と湿度、暗い環境を保つ。

2. 十分な水分を摂取する

理由

  • 水分は体内の毒素を排出し、肌の保湿を保つのに重要です。十分な水分摂取により、肌の乾燥やくすみが防止されます。

実践例

  • 毎日2リットルの水を飲む: 朝起きてから寝るまでに、コップ8杯の水を摂取する。
  • 水分補給のタイミング: 食事前、運動後、入浴後など、こまめに水を飲む習慣をつける。
  • 水分を含む食べ物を摂る: スイカ、キュウリ、トマトなど、水分を多く含む果物や野菜を摂取する。

3. 紫外線対策を行う

理由

  • 紫外線は肌の老化やシミ、シワの原因となります。日常的に紫外線対策を行うことで、肌を保護し、健康な状態を保つことができます。

実践例

  • 日焼け止めを毎日塗る: SPF30以上の日焼け止めを、顔だけでなく首や手にも塗る。例えば、朝のスキンケアルーティンの一環として行う。
  • 帽子やサングラスを使用する: 外出時には広いつばの帽子やUVカットのサングラスを使用する。
  • 日陰を利用する: 特に紫外線が強い時間帯(午前10時から午後2時)には日陰を歩くようにする。

4. 適度な運動を行う

理由

  • 適度な運動は血行を促進し、肌に必要な栄養素と酸素を届けます。また、汗をかくことで毛穴の汚れを排出し、肌の代謝を促進します。

実践例

  • 週に3回の有酸素運動: ウォーキングやジョギングを30分間行う。
  • ストレッチやヨガ: 毎日10分間のストレッチやヨガを行い、リラックスと血行促進を図る。
  • 運動後のスキンケア: 運動後は必ずシャワーを浴び、汗を洗い流してから保湿ケアを行う。

5. ストレスを管理する

理由

  • ストレスはホルモンバランスを崩し、肌荒れやニキビの原因となります。リラクゼーションや趣味を楽しむことで、ストレスを軽減し、肌の状態を良好に保てます。

実践例

  • リラックス方法を見つける: 瞑想や深呼吸、アロマテラピーなど、リラックスできる方法を日常に取り入れる。
  • 趣味を楽しむ: 例えば、絵を描いたり音楽を聴いたり、趣味の時間を大切にする。
  • 適度な休憩を取る: 仕事や家事の合間に、こまめに休憩を取るようにする。

6. バランスの取れた食事を心がける

理由

  • 肌に必要な栄養素をバランスよく摂取することで、健康な肌を保つことができます。特にビタミン、ミネラル、タンパク質は肌の健康に重要です。

実践例

  • 彩り豊かな食事: 毎日の食事に多様な色の野菜や果物を取り入れる。
  • 定期的な食事: 朝昼晩の食事を規則正しく摂る。特に朝食は欠かさずに摂る。
  • 加工食品を控える: できるだけ自然な状態の食材を使った料理を心がける。

具体的な一日の生活例

    • 6:00 起床後、コップ一杯の水を飲む。
    • 6:15 軽いストレッチと深呼吸。
    • 7:00 朝食にアサイーボウルや野菜たっぷりのサンドイッチ。
    • 8:00 日焼け止めを塗って出勤。
    • 12:00 昼食にサーモンのサラダや野菜スープを摂る。
    • 12:45 外で軽く散歩し、気分転換と血行促進。
  • 夕方
    • 17:30 退勤後、30分間のジョギング。
    • 18:30 シャワーを浴び、スキンケアを行う。
    • 19:00 夕食に鶏肉のグリルやアボカドサラダを摂る。
    • 20:00 リラックスタイム:読書や音楽鑑賞。
    • 21:30 寝る前に軽いストレッチや瞑想。
    • 22:00 就寝。

これらの生活習慣を取り入れることで、肌の健康を保つことができます。継続することが大切なので、無理のない範囲で実践してみてください。

やっぱりスキンケアも大切

ナチュラル志向のスキンケアは、天然由来の成分や製品を使用して肌をケアする方法です。

化学物質や人工的な添加物を避け、自然の力を活かしたスキンケアは、敏感肌やアレルギーを持つ人にも適しています。

以下に、ナチュラルスキンケアの具体的な例を紹介します。

クレンジング

例1: ココナッツオイルクレンジング

材料: オーガニックココナッツオイル

方法:

  1. ココナッツオイルを手に取り、顔全体に優しくマッサージするように塗ります。
  2. 温かいタオルを顔にあてて、数秒間蒸気を当てます。
  3. タオルでオイルを拭き取ります。必要ならもう一度繰り返します。

効果: ココナッツオイルはメイクや汚れをしっかりと落とし、同時に保湿効果もあります。

洗顔

例2: ハチミツ洗顔

材料: ピュアハチミツ

方法:

  1. ハチミツを小さじ1杯手に取り、少し水を加えて手のひらで温めます。
  2. 顔全体に優しくマッサージするように塗ります。
  3. ぬるま湯でしっかりと洗い流します。

効果: ハチミツには抗菌作用があり、肌を清潔に保ちつつ、保湿効果もあります。

トナー

例3: ローズウォータートナー

材料: オーガニックローズウォーター

方法:

  1. ローズウォーターをコットンに含ませ、顔全体を優しく拭きます。
  2. スプレーボトルに入れて、直接顔にスプレーしても良いです。

効果: ローズウォーターは肌を落ち着かせ、pHバランスを整える効果があります。

保湿

例4: アルガンオイル保湿

材料: ピュアアルガンオイル

方法:

  1. アルガンオイルを数滴手に取り、手のひらで温めます。
  2. 顔全体に優しく押し込むように塗ります。特に乾燥が気になる部分には多めに塗布します。

効果: アルガンオイルはビタミンEや脂肪酸が豊富で、肌の潤いを保ち、柔らかさを保つ効果があります。

スクラブ

例5: オートミールとヨーグルトのスクラブ

材料: オートミール、プレーンヨーグルト

方法:

  1. オートミールを細かく砕き、プレーンヨーグルトと混ぜます。
  2. 顔全体に優しくマッサージするように塗ります。目元は避けます。
  3. ぬるま湯でしっかりと洗い流します。

効果: オートミールは肌を優しく角質除去し、ヨーグルトの乳酸が肌を柔らかくします。

マスク

例6: アボカドとハチミツのフェイスマスク

材料: アボカド、ハチミツ

方法:

  1. アボカドを半分つぶし、ハチミツ大さじ1と混ぜます。
  2. 顔全体に塗り、15〜20分間放置します。
  3. ぬるま湯で優しく洗い流します。

効果: アボカドはビタミンや脂肪酸が豊富で、ハチミツと組み合わせることで肌の保湿と栄養補給ができます。

日常のナチュラルスキンケアの例

朝のルーティン

  1. 洗顔: ハチミツ洗顔で肌を清潔にする。
  2. トナー: ローズウォータートナーで肌を整える。
  3. 保湿: アルガンオイルを数滴塗布して保湿する。
  4. 日焼け止め: ナチュラル成分の入った日焼け止めを使用する。

夜のルーティン

  1. クレンジング: ココナッツオイルクレンジングでメイクや汚れを落とす。
  2. 洗顔: ハチミツ洗顔で再度肌を清潔にする。
  3. トナー: ローズウォータートナーで肌を整える。
  4. 保湿: アルガンオイルで保湿する。

週に一度のスペシャルケア

  1. スクラブ: オートミールとヨーグルトのスクラブで角質を除去する。
  2. マスク: アボカドとハチミツのフェイスマスクで肌に栄養を与える。

まとめ

ナチュラルスキンケアは、自然由来の成分を使用して肌をケアすることで、化学物質による刺激を避け、より健康的な肌を目指す方法です。継続的に使用することで、肌の状態が改善されることが期待できます。ナチュラル成分を使用する際には、肌に合うかどうかパッチテストを行い、自分に合ったスキンケアを見つけることが大切です。

なぜ、年齢を重ねるとお肌トラブルが増えるのか?

老齢医学では、肌の老化やトラブルは自然な老化プロセスの一部と考えられています。

加齢によって肌に起こる変化やトラブルには、しわ、たるみ、乾燥、色素沈着、毛穴の拡大などがあります。

これらの変化は、内部の生理的プロセスや外部の環境要因の影響によるものです。

具体的な例を用いて、これらの問題について詳しく説明します。

1. しわとたるみ

理由

  • コラーゲンとエラスチンの減少: 年齢とともに、肌の真皮にあるコラーゲンとエラスチンの生成が減少し、肌の弾力性が失われます。
  • 皮脂分泌の減少: 加齢により皮脂の分泌が減少し、肌が乾燥しやすくなります。
  • 筋肉の衰え: 顔の表情筋が弱くなることで、皮膚が支えきれずにたるみが生じます。

具体例

  • 目尻のしわ(カラスの足跡): 笑ったときに特に目立つ。
  • ほうれい線: 鼻の両脇から口角にかけての深いしわ。

対策

  • 保湿ケア: ヒアルロン酸やセラミドを含む保湿クリームを使用する。
  • マッサージ: 顔のリフトアップマッサージを日常的に行う。
  • 紫外線対策: 日焼け止めを毎日使用し、紫外線によるコラーゲンの破壊を防ぐ。

2. 乾燥

理由

  • 皮脂と天然保湿因子の減少: 加齢に伴い、皮脂腺の活動が低下し、肌の保湿成分も減少します。
  • 角質層の変化: 角質層が薄くなり、水分保持力が低下します。

具体例

  • 乾燥によるかゆみ: 乾燥がひどくなると、かゆみやひび割れが生じることがあります。
  • 粉ふき: 特に冬場に、肌が白く粉を吹いたようになる。

対策

  • 保湿剤の使用: 尿素やグリセリンを含む保湿剤を使用し、入浴後すぐに塗布する。
  • 加湿: 室内の湿度を50-60%に保つために加湿器を使用する。
  • 入浴法: 長時間の熱いお湯の入浴を避け、ぬるま湯で短時間の入浴を心がける。

3. 色素沈着(シミ)

理由

  • メラニンの増加: 紫外線によるメラニン生成の増加、ホルモンバランスの変化。
  • 肌のターンオーバーの遅れ: 加齢により肌の新陳代謝が遅くなり、メラニンが肌に残りやすくなります。

具体例

  • 肝斑: 顔の左右対称に現れる茶色のシミ。
  • 老人性色素斑: 紫外線の影響で主に顔や手の甲にできる茶色の斑点。

対策

  • 美白成分の使用: ビタミンC誘導体やアルブチン、ハイドロキノンを含む美容液を使用する。
  • 紫外線対策: 日焼け止めを使用し、帽子やサングラスで紫外線を遮る。
  • 皮膚科での治療: レーザー治療やケミカルピーリングを検討する。

4. 毛穴の拡大

理由

  • 皮膚の弾力低下: コラーゲンやエラスチンの減少により、毛穴が開きやすくなります。
  • 皮脂腺の過剰活動: 年齢とともに一部の皮脂腺が過剰に活動することがあります。

具体例

  • 鼻周りの毛穴の開き: 特にTゾーンに目立ちます。
  • 黒ずみ毛穴: 開いた毛穴に汚れが詰まり、酸化して黒ずむ。

対策

  • 収れん化粧水の使用: 毛穴を引き締める成分を含む化粧水を使用する。
  • ピーリング: 週に1-2回の酵素ピーリングやAHA(フルーツ酸)を使用する。
  • ビタミンA誘導体の使用: レチノールを含む製品でコラーゲン生成を促進する。

5. お肌のトラブル予防のための生活習慣

睡眠

  • 十分な睡眠: 毎晩7-8時間の睡眠を確保し、肌の修復時間を確保する。

食事

  • バランスの取れた食事: ビタミンC、E、オメガ3脂肪酸を豊富に含む食事を心がける。
  • 抗酸化物質の摂取: 果物や野菜を多く摂取し、フリーラジカルの影響を軽減する。

運動

  • 定期的な運動: 適度な運動で血行を促進し、肌に必要な栄養素と酸素を供給する。

ストレス管理

  • リラクゼーション: 瞑想やヨガ、趣味を楽しむことでストレスを軽減し、ホルモンバランスを保つ。

これらの対策と習慣を取り入れることで、肌の老化やトラブルを軽減し、健康的な肌を維持することができます。

老齢医学的な視点からは、予防と早期対策が重要です。

定期的なスキンケアと健康的な生活習慣を継続することが大切です。

東洋医学、鍼灸治療からひと言

今回の「コラーゲンでお肌プルプル!ほんとですか?コラーゲン以外にもお肌によいもの教えます。」は、いかがだったでしょうか?

老齢医学的、つまり、加齢によるお肌のトラブルを一般的な解釈を記しました。

しかし、ホリス治療院としては、加齢現象、つまり、老化はしないのが自然と考えています。

老化は、病気!

と認識すると、健康、元気、若々しさなど色々見えてきます。

人生を全うするまで元気であり続けることが出来る身体創りを探求していきたいと思う今日この頃です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

宇都宮の鍼(はり).comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

宇都宮の鍼(はり).comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

金井 進

金井 進

あなたの最後の1軒になります。
ホリス治療院は、最高の技術で、あなた本来の元気が蘇る日本一の治療院を目指します。

常に最高の結果を目指して、患者さん一人ひとりに向き合い、あなたに一番信頼され、愛される日本一の治療院でありたいと考えます。

ホリス治療院
お電話でのご連絡はこちら
⇒ 028-623-6688

■受付時間:(休診日:月曜日)

午前9:00〜11:30
午後3:00〜7:00

※土曜日は午後5:00まで。
※日曜日・祝日は午前のみ  
※土曜、日曜、祝日も診察しています。

詳細は、ホリス治療院公認ホームページで
https://www.holis-net.com/

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運転中に性格が変わる人。なんで?

  • 緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛の発症原因から対処症、予防法まで完全網羅

  • 冷房?除湿?どっちがいいの?

  • 脊髄梗塞について、症状、原因、機序、治療法など徹底的に掘り下げてみた

関連記事

  • 全身に塗料を塗ると皮膚呼吸ができなくなる?

  • 【食事の盲点】 私たちの身体は、食べたものからしか創られない!

  • 背骨や骨盤の歪みチェック方法と、超簡単!骨盤の歪みを取り除く、膝立て運動

  • 7年後の健康に自信が持てますか?

  • ホリス治療院の施術メニュー・統合コース

  • あなたの心を開放し、一気に開花する方法とは?