1. TOP
  2. 症状・病気
  3. いまさら聞けないアレルギーとは

いまさら聞けないアレルギーとは

 2024/05/26 症状・病気
この記事は約 5 分で読めます。

蕎麦やピーナッツは重篤化しやすいと聞きます。

なぜでしょうか?

アレルギーとはなに?

アレルギーになる原因は?

アレルギー体質の対処法は?

アレルギーを持たないひとっているの?

珍しいアレルギーってありますか?

金井 進さんによるアレルギー

アレルギーとは?

アレルギーは、免疫系が通常無害な物質(アレルゲン)に対して過敏に反応する状態です。

アレルゲンにさらされると、免疫系はこれを有害なものとして認識し、抗体(特にIgE抗体)を作り出します。

その後、再びアレルゲンに接触すると、IgE抗体がマスト細胞と結合し、ヒスタミンや他の化学物質が放出され、アレルギー症状が引き起こされます。

アレルギーになる2ステップ

アレルギーと免疫の関係を具体的な例で説明します。ここでは花粉症を例にとって、そのメカニズムを詳しく見てみましょう。

例:花粉症

ステップ1:初回のアレルゲン曝露

  1. アレルゲンの侵入
    • 春になると花粉が飛散し、鼻や目の粘膜に付着します。
  2. アレルゲンの認識
    • 花粉(アレルゲン)は免疫系に認識されます。花粉の特定のタンパク質が、免疫細胞の一種である抗原提示細胞(APC)によって捕捉されます。
  3. 免疫反応の開始
    • 抗原提示細胞は、花粉のタンパク質を分解し、その断片を細胞表面に提示します。この断片がヘルパーT細胞(Th細胞)に認識されます。
  4. 抗体の産生
    • Th細胞はB細胞を活性化し、B細胞は花粉のタンパク質に対する特異的なIgE抗体を産生します。これらのIgE抗体は、マスト細胞や好塩基球の表面に結合します。

ステップ2:再曝露

  1. アレルゲンの再侵入
    • 翌年の春、同じ種類の花粉が再び鼻や目に付着します。
  2. IgE抗体との結合
    • 花粉のタンパク質が、マスト細胞や好塩基球の表面に結合しているIgE抗体と結びつきます。
  3. マスト細胞の活性化
    • IgE抗体と花粉タンパク質が結合することで、マスト細胞が活性化されます。これにより、マスト細胞からヒスタミンや他の化学物質が放出されます。
  4. アレルギー反応の発生
    • ヒスタミンなどの化学物質が放出されることで、鼻水、くしゃみ、目のかゆみ、涙目などの花粉症の症状が発生します。

アレルギーと免疫の関係

アレルギーは、免疫系が本来無害な物質(アレルゲン)に対して過剰な反応を示す状態です。この過程で中心的な役割を果たすのがIgE抗体とマスト細胞です。

アレルギーになる原因は?

アレルギーの原因は多岐にわたりますが、以下が一般的な要因です:

  1. 環境要因:空気中のアレルゲン(花粉、ダニ、カビなど)や食べ物、薬物などに繰り返し曝露されることでアレルギーが発症することがあります。
  2. 免疫系の過敏性:免疫系が過剰に反応しやすい場合、アレルギーが発症しやすくなります。

蕎麦やピーナッツが重篤化しやすい理由

蕎麦やピーナッツは、特に重篤なアレルギー反応(アナフィラキシー)を引き起こすことが知られています。これには以下の理由があります:

  1. 強力なアレルゲン:蕎麦やピーナッツには強力なアレルゲンタンパク質が含まれており、少量でも強い反応を引き起こします。
  2. 広範な交差反応:これらの食品アレルゲンは、他の植物や食品アレルゲンと交差反応を起こしやすいため、アレルギー反応が広がることがあります。
  3. 頻繁な接触:これらの食品は日常的に消費されることが多く、知らずに摂取する機会が多いため、リスクが高まります。

アレルギー体質の対処法

  1. アレルゲンの回避:アレルゲンを避けることが最も基本的な対策です。食物アレルギーの場合は、成分表示をよく確認し、アレルゲンを含む食品を避けることが重要です。
  2. 薬物療法:抗ヒスタミン薬、ステロイド、アドレナリン(エピペン)などの薬物が症状の緩和やアナフィラキシーの緊急治療に用いられます。
  3. 免疫療法:アレルゲン免疫療法(アレルゲンに少量ずつ曝露し、免疫系を鈍感にする治療法)が一部のアレルギーに対して行われます。
  4. アレルギー予防:早期のアレルゲン曝露の回避や、生活環境の改善(ダニやカビの除去など)によってアレルギー発症の予防が試みられます。

アレルギーを持たない人はいるのか?

完全にアレルギーを持たない人は非常に稀です。

多くの人は一生のうちに何らかのアレルギーを経験する可能性があります。

ただし、アレルギーの発症リスクは個人差があり、生活習慣や環境要因によって異なります。

珍しいアレルギー

  1. 水アレルギー(Aquagenic Urticaria):水に触れると蕁麻疹が発生する非常に稀なアレルギー。
  2. 日光アレルギー(Solar Urticaria):日光に曝露されると皮膚に発疹やかゆみが生じるアレルギー。
  3. コールドアレルギー(Cold Urticaria):寒さや冷たい物に触れることで皮膚に発疹ができるアレルギー。
  4. 接触性皮膚炎(Contact Dermatitis):金属(ニッケルなど)や化学物質に触れることで皮膚に炎症が生じるアレルギー。

まとめ

アレルギーは免疫系の過剰反応が原因であり、そのメカニズムは複雑ですが、主要な要素としてIgE抗体とマスト細胞の関与があります。

アレルギー反応を理解するためには、免疫系の働きやその反応の仕組みを詳しく知ることが重要です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

宇都宮の鍼(はり).comの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

宇都宮の鍼(はり).comの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

金井 進

金井 進

あなたの最後の1軒になります。
ホリス治療院は、最高の技術で、あなた本来の元気が蘇る日本一の治療院を目指します。

常に最高の結果を目指して、患者さん一人ひとりに向き合い、あなたに一番信頼され、愛される日本一の治療院でありたいと考えます。

ホリス治療院
お電話でのご連絡はこちら
⇒ 028-623-6688

■受付時間:(休診日:月曜日)

午前9:00〜11:30
午後3:00〜7:00

※土曜日は午後5:00まで。
※日曜日・祝日は午前のみ  
※土曜、日曜、祝日も診察しています。

詳細は、ホリス治療院公認ホームページで
https://www.holis-net.com/

この人が書いた記事  記事一覧

  • 運転中に性格が変わる人。なんで?

  • 緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛の発症原因から対処症、予防法まで完全網羅

  • 冷房?除湿?どっちがいいの?

  • 脊髄梗塞について、症状、原因、機序、治療法など徹底的に掘り下げてみた

関連記事

  • 朝起きるのがつらいです。

  • 寝言をいうメカニズムを睡眠サイクルからひも解く

  • 背骨や骨盤の歪みチェック方法と、超簡単!骨盤の歪みを取り除く、膝立て運動

  • 全身に塗料を塗ると皮膚呼吸ができなくなる?

  • 〇〇してると目が悪くなる?改善法は?

  • 【鍼灸院お墨付き】俄然、差がつく運動!『もも上げ歩き』の動画紹介