1. TOP
  2. 症状・病気
  3. 入れ歯にすると喋りにくくなるのはなんで?

入れ歯にすると喋りにくくなるのはなんで?

症状・病気
この記事は約 9 分で読めます。

入れ歯にすると喋りにくくなるのはなんで?

夫の下の前歯1本、入れ歯になりました。

たった1本だけなのに、とても喋りにくくなり、うまく話すことができなくなりました。

モゴモゴするというか、言葉を噛みやすくなるというか。

長州力さんのような感じ。

対処法はありますか?

金井 進さんによる入れ歯

いや~、鍼灸師の私に入れ歯の質問なんて、以外な気がしますよね。

でもね、ホリス治療院では、ありとあらゆる質問をいただくんですよ~。

ただ、歯科分野も進化していると思いますので、新しい知見などあるかもですので、専門の先生に確認してくださいね。

では、鍼灸師が答える入れ歯でーす(笑)

入れ歯の種類と特徴

入れ歯にはさまざまな種類があり、それぞれの状況やニーズに応じて選ばれます。以下に具体的な例題を用いて、主要な入れ歯の種類について詳しく説明します。

1. 部分入れ歯

特徴:

  • 残っている歯を支えにして固定する
  • 取り外しが可能で、清掃が容易
  • 比較的低コスト

2. ブリッジ

特徴:

  • 固定式: ブリッジは口腔内に固定されるため、取り外しの必要がありません。
  • 自然な感触: 固定されているため、自然な感触で食事や会話ができます。
  • 見た目: 審美性が高く、他の歯と調和します。
  • 支え: 両側の健康な歯を削って支えとするため、支えとなる歯に大きな負担がかかります。
  • コスト: 部分入れ歯よりも高コストになる場合があります。

3. 総入れ歯

特徴:

  • 全ての歯を失った場合に使用
  • 取り外しが可能
  • 定期的な調整が必要
  • 比較的低コスト

4. インプラント支持入れ歯

特徴:

  • インプラントを使って入れ歯を固定
  • 安定性が高く、ずれにくい
  • 高コスト
  • 外科手術が必要

5. オーバーデンチャー

特徴:

  • 残っている歯やインプラントを支えにする
  • 安定性が高い
  • 取り外しが可能
  • 中程度のコスト

6. 即時入れ歯

特徴:

  • 抜歯と同日に装着可能
  • 見た目をすぐに改善
  • 調整が必要になる場合が多い
  • 短期的な不快感がある場合がある

入れ歯とブリッジの違い

入れ歯を装着することで話し難くなる理由

異物感

入れ歯は口の中にとって異物であり、特に最初のうちはその存在感が強く、口腔内の自然な動きが妨げられます。舌や唇の動きが制限されるため、発音が難しくなることがあります。

フィット感

入れ歯がしっかりとフィットしていない場合、ずれたり動いたりすることがあり、それが喋りにくさの原因になります。特に部分入れ歯の場合、支えが少ないため動きやすいことがあります。

発音の変化

歯が無くなることで口腔内の空間が変わり、音の反響や舌の動きが変わります。これにより、一部の音(特に「さ行」や「た行」など)の発音が難しくなることがあります。

唾液の増加

入れ歯を装着すると唾液の分泌が一時的に増えることがあり、それが話しにくさの一因になることがあります。

対処法

適応期間を持つ

入れ歯に慣れるまでには時間がかかります。最初のうちは喋りにくさを感じるかもしれませんが、日々の練習を通じて徐々に適応していくことが大切です。

フィットの確認

入れ歯がしっかりとフィットしているかどうか、歯科医師に確認してもらうことが重要です。調整が必要な場合は、早めに対応してもらいましょう。

発音練習

特定の音が発音しにくい場合は、その音を繰り返し練習することが効果的です。「さ行」や「た行」の音を含む言葉を意識して練習することで、舌の動きや口の形が慣れてきます。

舌のトレーニング

発音がスムーズになります。例えば、「ラリルレロ」の音を繰り返し発音する練習を行うと良いでしょう。

スピーチセラピストの相談

必要に応じて、スピーチセラピスト(言語聴覚士)に相談することも考慮してください。専門家によるアドバイスやトレーニングを受けることで、発音の問題をより効果的に克服できます。

歯を失う原因

歯を失わないためには、日常的なケアと予防が非常に重要です。以下に、具体的な例題を用いて詳しく説明します。

1. 定期的な歯科検診

例題: 35歳の田中さんは、半年に一度の定期検診を欠かさず受けています。ある検診で、まだ自覚症状のない小さな虫歯が見つかりました。早期に治療を受けたため、虫歯が進行することなく、健康な歯を保つことができました。

対策:

  • 少なくとも半年に一度、歯科検診を受ける
  • 歯科医師によるプロフェッショナルクリーニングを受ける

2. 正しい歯磨き

例題: 40歳の佐藤さんは、歯磨きの方法を歯科医師に相談し、正しい磨き方を学びました。特に歯と歯茎の境目や奥歯の隙間を丁寧に磨くことを意識するようになり、歯茎の状態が改善されました。

対策:

  • 毎日2回、2分間以上の歯磨きを行う
  • 歯と歯茎の境目をしっかり磨く
  • 柔らかめの歯ブラシを使用し、力を入れすぎない

3. フロスや歯間ブラシの使用

例題: 28歳の山田さんは、虫歯のリスクを減らすために、毎晩フロスを使用しています。フロスを使うことで、歯と歯の間に詰まった食べ物やプラークを効果的に除去し、虫歯や歯周病の予防に役立てています。

対策:

  • 毎日フロスや歯間ブラシを使用する
  • 歯ブラシだけでは届かない歯間の汚れを取り除く

4. バランスの取れた食生活

例題: 45歳の高橋さんは、砂糖の摂取を控え、野菜や果物を多く摂るようにしています。その結果、口腔内の健康が保たれ、虫歯や歯周病のリスクが減少しました。

対策:

  • 砂糖の摂取を控える
  • 野菜、果物、乳製品を多く摂り、カルシウムやビタミンDを補給する
  • おやつは歯に優しいものを選ぶ(チーズやナッツなど)

5. 禁煙

例題: 50歳の中村さんは、喫煙が歯周病のリスクを高めることを知り、禁煙を決意しました。禁煙後、歯茎の健康が改善され、歯周病の進行が抑えられました。

対策:

  • 喫煙は歯周病の大きなリスク要因であるため、禁煙を目指す
  • 禁煙のサポートを受けるために専門機関を利用する

6. スポーツ時の予防

例題: 20歳の鈴木さんは、ラグビーをプレーしています。歯を守るために、スポーツマウスガードを着用するようになり、激しい衝撃から歯を守っています。

対策:

  • スポーツ時にはマウスガードを着用する
  • マウスガードは歯科医で作成してもらうとフィット感が良い

7. ストレス管理

例題: 38歳の藤田さんは、仕事のストレスから夜間に歯ぎしりをすることがありました。歯科医師の勧めでナイトガードを使用するようになり、歯への負担が軽減されました。

対策:

  • ストレスを管理し、歯ぎしりや食いしばりを防ぐ
  • ナイトガードを使用することで歯を保護する

歯を失わないための日常的なケアと予防

歯を失わないためには、日常的なケアと予防が非常に重要です。以下に、具体的な例題を用いて詳しく説明します。

1. 定期的な歯科検診

例題: 35歳の田中さんは、半年に一度の定期検診を欠かさず受けています。ある検診で、まだ自覚症状のない小さな虫歯が見つかりました。早期に治療を受けたため、虫歯が進行することなく、健康な歯を保つことができました。

対策:

  • 少なくとも半年に一度、歯科検診を受ける
  • 歯科医師によるプロフェッショナルクリーニングを受ける

2. 正しい歯磨き

例題: 40歳の佐藤さんは、歯磨きの方法を歯科医師に相談し、正しい磨き方を学びました。特に歯と歯茎の境目や奥歯の隙間を丁寧に磨くことを意識するようになり、歯茎の状態が改善されました。

対策:

  • 毎日2回、2分間以上の歯磨きを行う
  • 歯と歯茎の境目をしっかり磨く
  • 柔らかめの歯ブラシを使用し、力を入れすぎない

3. フロスや歯間ブラシの使用

例題: 28歳の山田さんは、虫歯のリスクを減らすために、毎晩フロスを使用しています。フロスを使うことで、歯と歯の間に詰まった食べ物やプラークを効果的に除去し、虫歯や歯周病の予防に役立てています。

対策:

  • 毎日フロスや歯間ブラシを使用する
  • 歯ブラシだけでは届かない歯間の汚れを取り除く

4. バランスの取れた食生活

例題: 45歳の高橋さんは、砂糖の摂取を控え、野菜や果物を多く摂るようにしています。その結果、口腔内の健康が保たれ、虫歯や歯周病のリスクが減少しました。

対策:

  • 砂糖の摂取を控える
  • 野菜、果物、乳製品を多く摂り、カルシウムやビタミンDを補給する
  • おやつは歯に優しいものを選ぶ(チーズやナッツなど)

5. 禁煙

例題: 50歳の中村さんは、喫煙が歯周病のリスクを高めることを知り、禁煙を決意しました。禁煙後、歯茎の健康が改善され、歯周病の進行が抑えられました。

対策:

  • 喫煙は歯周病の大きなリスク要因であるため、禁煙を目指す
  • 禁煙のサポートを受けるために専門機関を利用する

6. スポーツ時の予防

例題: 20歳の鈴木さんは、ラグビーをプレーしています。歯を守るために、スポーツマウスガードを着用するようになり、激しい衝撃から歯を守っています。

対策:

  • スポーツ時にはマウスガードを着用する
  • マウスガードは歯科医で作成してもらうとフィット感が良い

7. ストレス管理

例題: 38歳の藤田さんは、仕事のストレスから夜間に歯ぎしりをすることがありました。歯科医師の勧めでナイトガードを使用するようになり、歯への負担が軽減されました。

対策:

  • ストレスを管理し、歯ぎしりや食いしばりを防ぐ
  • ナイトガードを使用することで歯を保護する

まとめ

歯、歯ぐきの問題は、もちろん歯や歯ぐきに問題があり、日常的にケア、予防をしていくことが重要です。

しかし、鍼灸治療の臨床上、身体を整えると歯ぐきの問題は解決する場合が多くあります。

歯ぐき(口の中)の問題は、胃腸がつかれている場合が多いので、小食、消化の良く温かいものを食べて、身体を休めると解決するかもですよ。

      この記事のタイトルとURLをコピーする

      \ SNSでシェアしよう! /

      宇都宮の鍼(はり).comの注目記事を受け取ろう

      この記事が気に入ったら
      いいね!しよう

      宇都宮の鍼(はり).comの人気記事をお届けします。

      • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
      • フォローしよう!

      ライター紹介 ライター一覧

      金井 進

      金井 進

      あなたの最後の1軒になります。
      ホリス治療院は、最高の技術で、あなた本来の元気が蘇る日本一の治療院を目指します。

      常に最高の結果を目指して、患者さん一人ひとりに向き合い、あなたに一番信頼され、愛される日本一の治療院でありたいと考えます。

      ホリス治療院
      お電話でのご連絡はこちら
      ⇒ 028-623-6688

      ■受付時間:(休診日:月曜日)

      午前9:00〜11:30
      午後3:00〜7:00

      ※土曜日は午後5:00まで。
      ※日曜日・祝日は午前のみ  
      ※土曜、日曜、祝日も診察しています。

      詳細は、ホリス治療院公認ホームページで
      https://www.holis-net.com/

      この人が書いた記事  記事一覧

      • 運転中に性格が変わる人。なんで?

      • 緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛の発症原因から対処症、予防法まで完全網羅

      • 冷房?除湿?どっちがいいの?

      • 脊髄梗塞について、症状、原因、機序、治療法など徹底的に掘り下げてみた

      関連記事

      • 〇〇してると目が悪くなる?改善法は?

      • 依存症と運動と呼吸の脳内物質の分泌と感情の手放しワーク

      • いまさら聞けない高血圧とは

      • 寝違えは何で起きるの?

      • 朝起きるのがつらいです。

      • 全身に塗料を塗ると皮膚呼吸ができなくなる?